最近AI(人工知能)に関する記事が毎日紙面を賑わせています。

つい先日、米国におけるAI(人工知能)事業トレンドというNTTドコモの資料を読みました。

今のところ、米国ではAI=ビッグデータ+機械学習らしいです。
そして、音声対話、画像解析、マーケティング、個人化(おすすめの提示)の分野でAIビジネスのプレイヤーが増加して競争が激化しているそうです。
次に商用化が進むのはセキュリティ/認証、農業、人事、教育の分野とされています。
その先には自動運転、医療、法律の分野でもAIが活用されるとされています。

最近参加した勉強会の情報によると、Chatbot(応答型ロボット)衛星写真の画像解析におけるAIの活用は日本でも進んでいます。

出典:NTTドコモ

法律の分野でAIが活用できる時代が来たら会計(監査)や税務でもAIが活用できるでしょうね!

http://www.slideshare.net/minoruetoh/ai-monetization-landascape-in-us

ai-monetization-landascape-in-us-1-638.jpg