VRソーシャルルーム「cluster.」シリーズAラウンドで2億円を調達

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster.」の開発・運営を行うクラスターは31日、シリーズAラウンドで2億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、エイベックス・ベンチャーズ、ユナイテッド、ディー・エヌ・エー、Skyland Ventures、および名前非開示の個人投資家(人数不明)。これは、クラスターにとって、2016年4月、Skyland Ventures、East Venturesおよび個人投資家から総額約5,000万円を調達したエンジェルラウンドに続くものだ。また、エイベックス・ホールディングス・グループとは業務提携も締結した。

cluster-series-a-round-funding.jpg

同社は調達した資金をもとに、人気コンテンツを有する企業との協業を積極的に進めるとともに、スマートフォンやモバイル VR といったマルチデバイス対応を含めてプロダクト改善を進めるとしている。

エイベックスとの具体的な協業内容については明らかになっていないが、クラスターCEOの加藤氏のデモデイでのピッチ内容や審査員とのやりとりを参考に推測すると、エイベックスはこれまでにも所属アーティストらを起用した有料のリアルイベントを全国で展開しており、このような興行をクラスターとVR で開催することを模索していく可能性が考えられる。また、エイベックス傘下のエイベックス・ピクチャーズは「ユーリ!!! on ICE」や「おそ松さん」などの有力優良 IP を保有しており、VR 分野での協業が見込める。

加藤氏によれば、cluster. ではユーザを一部限定した形で、VR 上で開催するイベントへの参加チケットを販売できる機能を実装済とのこと。また、cluster. はアジア文化やアニメ声優などとの相性が良く、その点においてもエイベックスとの協業に賭ける期待は大きいとした。

出典:THE BRIDGE

音楽のMVやライブ映像はテレビやPCの画面よりもVRで楽しむ方が一般的になるかもしれませんね!VRならではの映像の臨場感に併せて高音質で楽しむこともできるようになりそうです!新しいテクノロジーの優位性にフィットし現在よりも改善できるユーザーニーズを見つけ出せれば新製品を開発できます!

http://thebridge.jp/2017/05/cluster-series-a-round-funding
naoto-kato-masato-matsuura.jpg