【個人間送金の「Kyash」がサービス開始、手数料なし、10億円の資金調達も

FinTechベンチャーのKyash(キャッシュ)は2016年12月14日、スマートフォンを使って個人間で送金できるサービスを始めた。スマホ用アプリに手持ちのクレジットカード情報を登録するだけで利用できる手軽さが特徴。手数料は無料で、運転免許証などによる本人確認も必要ない。

スマホ用アプリをダウンロードした利用者同士で送金できるサービス。電子メールやSNSアカウントを指定して送金する。

特徴は同アプリ専用の仮想的なクレジットカードを同社が利用者に発行し、このカードを送金や支払いに使うことだ。発行するのは「Visa」ブランドのカード。同カードに利用者の既存クレジットカードから残高をチャージする

利用者は個人間の送金に加え、同カードを使って全国のVisa加盟店で買い物代金を支払える。利用者同士の送金は無料だが、KyashはVisaカードの発行体、いわゆるイシュアーとして、Visa加盟店から手数料を受け取って収益とする

同日に調達を発表した10億円超の資金は、ジャフコ、三井住友銀行、伊藤忠商事、電通デジタル・ホールディングスなどを引受先として実施した第三者割当増資によるもの。同社は三井住友フィナンシャルグループ、電通グループと業務提携も結んだ。

出典:ITpro

有望なFintechベンチャーはシリーズA(起業したばかりのスタートアップ企業に対してなされる投資)でも10億円超の資金調達ができるようになりました!夢を持って起業しましょう!

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/121403748/
ph01.jpg